頬ニキビを治す|スキンケア方法と生活習慣改善サイト

頬ニキビの治し方について詳しくご紹介しているサイトです。スキンケア方法と生活習慣の見直しを中心に解説しています。
MENU

頬ニキビを治す!

頬ニキビ治す

片方のほっぺたのニキビがすごく、悩んでいました

 

私は中学3年生の終わりくらいの頃からニキビがすごく顔に出始めてきて、とても悩んでいました。しかも単純にニキビが増えていったというわけではなく、なぜか右側のほっぺたのほうだけに、新しいニキビが出始めてきてしまったのです。

 

最初の頃は放っておけばいつか治るだろうという安直な気持ちでいましたが、予想は裏切られ、どんどん右側のニキビだけが悪化していってしまったのです。こうなってしまうともう見た目もひどくなってきてしまい、ついに友だちにまでからかわれてしまい始めました。

 

こっちは結構真剣に悩んでいるのに、友だちにからかわれ、なんだか私は腹立たしいというよりは悲しくなってきてしまいました。どうせ自分の悩みなど人には分からないのだろうと、時にはひくつにもなりましたし、薬をぬっても治らないものでしたから、もう半ばあきらめていました。

 

そして片側のニキビがひどいという状況は何も良くならず、もっと悪い方向へと進んでしまいました。もう片方のほっぺたにもニキビができ始め、右側と同じようにどんどんひどくなり、顔中がニキビだらけになってしまいました。片方だけニキビがひどいということはなくなったものの、もっと悪い方向へすすんでしまうとは自分はなんて不幸なのだろうとそのときは思いました。

 

思春期ニキビは治らない

思春期ニキビははっきり言って治りません。
ニキビについて一番悩むのはやはり思春期ニキビだとは思うのですがこの思春期ニキビが一番治り辛いといっても過言ではないでしょう。

 

思春期にニキビというのは思春期特有の体内のホルモンバランスの崩れによって引き起こされます。
思春期には表面上のニキビを治してもまたすぐに次のニキビが出てきてしまいます。

 

また、ニキビを治すためにニキビの原因のひとつとなる菌を殺す化粧水やニキビ薬を使ったことによって皮膚が疲労してしまい、新しいニキビがすぐにできてしまうという事もあります。
思春期ニキビというのは誰でも出るわけではありませんがとても多くの人が経験することです。

 

思春期ニキビを完全に治してニキビを出なくするという事はとても難しいことです。
思春期ニキビに対してすぐにできる事はなにもありません。

 

ただ、将来、思春期を抜けた時にニキビ跡が残らないようにするということはしておいた方がいいでしょう。
これはニキビは基本的に潰さない、どうしても潰すときは芯までしっかりと出す、という事です。

 

芯までしっかりだしたとしてニキビを潰すという事はとてもリスクを伴うことなのでなるべくやらないほうがいいでしょう。

 

ニキビ改善は、やっぱり基本から!

数ヶ月前から、なぜか「顎の周辺」だけニキビがポツポツ出るようになってしまいました。忙しかったので最初は気にしていなかったんですが、緩やかに悪化。
そこで、化粧水と洗顔料をニキビケアのものに変更。それだけではなく、帰宅したら、まずは最初に丁寧な洗顔をするように心がけました。基本はやっぱり洗顔だな、と思ったのです。

 

それまでは、食事の支度などもあったので、いつも寝る前の入浴時までは、化粧したままだったんです。しかし、ニキビが出るなら肌への負担を軽くしよう、と思ったのでした。ニキビだけでなく、顔自体への負担をへらすことで、ダメージも減らしたかったんです。
実際やってみたら、すごくすっきりでした。驚くほどでした。

 

顎まわりにあったニキビは、ときどき赤く膿んだりして、痛いこともあったんです。それが、少しずつ赤みが減り、数が減り、今ではすっかり出なくなりました。
完治はしましたが、またニキビが出たりしないように、今でも「帰宅後すぐに洗顔」をするようにしています。

 

ニキビがあると、お化粧しても目立ってしまいますし、痛かったりもして、ちょっと憂鬱になったりしますから。悪化してから対策を考えるより、普段からケアしておくことで防げたらいいなあと思っています。

 

ニキビの原因は意外なところにありました。

頬ニキビ治す

私は小学校高学年の頃から顔中にニキビがあり、20代前半までは顔からニキビが消えたことはありませんでした。それだけにニキビケアに関してはさまざまなことをしてきました。ただ、私の場合はニキビの原因と言われている食生活を改めてみても、ニキビにいいと言われる化粧品を使用しても改善されることはありませんでした。ただ、おそらくニキビができていた原因と思われることの一つが今になってわかりました。40歳手前になった最近でもニキビが時々できることがあるのですが、それは生理周期に関係があると同時に、自分の肌に合わない成分の入ったシャンプーやトリートメントなどを使用してもできます。

 

今までは化粧水やファンデーションなど、お肌に直接使うものに関してはその成分が含まれていないことを確認してから購入するようにしていたのですが、まさかシャンプーやトリートメントまでもがお肌のニキビに影響しているとは思いもしませんでした。今考えると、シャンプーなどは特に気を使うこともなく家族共用のものを使っていたので、ニキビの原因となっていた可能性は十分にあります。もう少しそのことに気づけば、今クレーターのようなニキビ跡に悩まされることもなかったのではと悔やんでいます。

このページの先頭へ