思春期ニキビ 大人ニキビ

思春期ニキビと大人ニキビのケア方法の違いについてご紹介しています。
MENU

思春期ニキビと大人ニキビのケアについて

思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビケアは、思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビとでは、基本は同じですが、少し違ってきます。

 

そもそも思春期ニキビは、成長にともない皮脂がたくさん分泌されてしまうことで、皮脂が毛穴に皮脂が詰まってしまうことでできてしまいます。そして、アクネ菌も増殖してしまいます。
しかし大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れやお肌のターンオーバーの乱れ、生活習慣の乱れなどその原因もさまざまです。

 

では、それぞれどのようなケアを行えばいいのかです。
思春期ニキビは、成長ホルモンが落ち着く頃には自然とニキビもできなくなるのですが、まず正しい洗顔をし、皮脂の量を適量にしなければなりません。
よく泡立てた洗顔フォームで顔を優しく洗い、しっかりとゆすぎます。そして、化粧水でしっかりお肌を保護します。
皮脂の分泌が多いからといって保湿をしないでいると、お肌が乾燥してしまうので余計に皮脂の分泌が増えてしまいます。
この時、洗顔フォームや化粧水をアクネ菌に効くものを選ぶことがポイントです。
そして、しっかり睡眠をとり、バランスのよい食事をとることが大切です。

 

次に大人ニキビです。
基本の洗顔は同じですが、お肌のターンオーバーを正常にしてあげることが大切です。
なので、ピーリングで定期的に古い角質をとってあげることや、規則正しい生活を送ることが大切です。
また、過度なストレスがかからないように気をつけなければなりません。

 

このように、思春期ニキビを大人ニキビでは、少しケアの方法が違ってきます。
なので、それぞれにあったケアを行うことが大切です。

 

思春期のニキビは気にするな!

私は思春期のニキビにはかなり悩んだ時期がありました。一番ニキビがひどかったのは中学生時代です。

 

ニキビが出来はじめたのは小学校高学年の頃。こめかみあたりに少しだけニキビができることがありました。少しなので気にすることなく放置していたのですが、しばらくすると治っていました。

 

しかし、中学2年生になった頃から、こめかみにしかできなかったニキビがおでこに広がり、鼻や頬、最終的には顔全体に広がってしまいました。ニキビのせいかいつも顔が赤くてあぶらでテカテカしていて恥ずかしかったのを覚えています。
それまで気にならなかったニキビが急に増えてしまい、なんでこんなことになったのかと驚きました。

 

お母さんも気にしてくれて、すぐにニキビケアを始めました。まずはお母さんが買ってくれた少し高価なニキビケア用化粧水と洗顔フォームを試しました。すぐには効果が出ず、いろいろな商品を試してみましたが、ニキビはひどくなる一方でした。化粧水や洗顔フォームだけでは効果が望めないと思い、市販の薬を試すようになりましたが、あまりよくありませんでした。

 

使いはじめの頃は治っている気がしたのですが、すぐに効かなくなってしまったほです。薬を使ってもよくならないのであればと諦めモードになってしまい、しばらくの間は何もせず放置しました。

 

しばらくすると何もしていないのにニキビがどんどんなくなっていきました。ニキビが出来てから約半年間の戦いはなんだったのだろうと思うほど綺麗な肌に戻ったのです。

 

あんなに気になっていたニキビがすっかり綺麗に治ってしまって本当にびっくりしました。

 

思春期にはニキビができると良く言いますし、一時的な成長ホルモンの変化によるものだったのでしょうか。あまり神経質になってはいけなかったのかもしれません。私のようにニキビに悩んでいる方、そんなに神経質にならなくて大丈夫だと思います。
思春期のニキビは時が経てば綺麗になくなりますよ。

 

頬ニキビを治す|スキンケア方法と生活習慣改善サイト

このページの先頭へ